印鑑 スタンプ 知って得する豆知識

印鑑登録に必要なものまたは盗難や紛失のさいの対処法

印鑑登録と紛失

印鑑を作ったら、さっそく役場へ行って実印登録を行いましょう。

その前に登録に必要なものがあるのでチェックしてね☆

登録に必要なもの


1、実印として登録する印鑑

2、身分を証明するもの(免許証やパスポートなど)

3、登録費用(200円から300円程度)



実印に登録する印鑑は、必ず印影(印鑑を押したさい文字がうつる)のものにしましょう。

サイズとして、1辺の長さが8ミリ以上で、25ミリ以下のものに限ります。

基本的には姓名を彫ったものですが、女性の場合結婚すると姓名がかわるので、氏名だけでもOK。

きちんと氏名を表しているもので、ペンネームや芸名などでは登録できません。

また名前の一部が欠けていたり、はっきり読み取れないものは登録できません。

実印の登録には年齢の制限があり、日本在住の満16歳以上でないと登録はできません。


登録方法として、実印にしたい印鑑が用意できたら、居住地の市町村役場へ行き、実印登録申請書を

受け取ります。その申請書に必要事項を記入したら窓口へ提出しましょう。

そうしたら印鑑登録証明書が発行されますので、これを受け取ったら終了です。

印鑑をなくしてしまったら?


印鑑をなくしてしまったら大変です。実印なら最もです。一刻も早く登録した役場へ行き、

印鑑の紛失届けをだしましょう。そうすることによって、悪用されることを防ぎます。


印鑑をなくしてしまったらどのような被害があるかというと・・

あかの他人があなたになりすまし、至るところで身に覚えのない契約をとってしまうかもしれません。

よってあなたの財産がまんまるどこかに飛んでいく可能性だってでてきますよ!

また落とした印鑑が銀行印であれば、あなたの口座から勝手に現金が引き出されるかもしれません。

そうなるとせっかく貯めてきた財産がパーになってしまします。

 

そんなことが起こらないためにも、印鑑をなくしたら直ちに登録を解除し、印鑑を使えないようにしましょう。

そのさい新しく実印として使用する印鑑も持って行くと、改印届がだせるので再び新しく実印ができます。

またどこかであなたの印鑑が使われたよであれば、すぐに連絡をもらえるよう依頼しましょう。

警察にも印鑑の紛失届を出すことを忘れないようにしましょう。

印鑑スタンプ豆知識

 copyright(c) 2009  印鑑 スタンプ 知って得する豆知識  all rights reserved.